HIKE LIFE MYLYFE

ゆるいHIKERの、ハイキング、登山、CAMP、アウトドアギアの紹介

jindaijimountainworks ヒルビリーポット

こんにちは。

 

クッカー紹介です。

jindaiji mountain works ヒルビリーポット350 550

f:id:hikelifemylife:20210622111545j:image

 

最近大人気のジンダイジマウンテンワークス。

ヒルビリーポットは2サイズあって、スタッキングができます。

 

特徴は

  1. 美しい
  2. スタッキングの幅が広い
  3. アルミなので熱伝導が良い
  4. サイズ感がソロにピッタリ

 

美しい

見た目の美しさと、湯切りの良さ。取手がないデザインでUL感がありながらも造形美。

 

スタッキング

取手がない事でスタッキングの自由度が高いです。デフォルトで蓋付きだけど、エバニューの400Dのように上に飛び出ていないフタなので、フタを底にしなくてもスタッキング可能。

中にガス缶を入れるか、アルコールストーブを入れるかゾクゾクしながら考える楽しみがある。笑

f:id:hikelifemylife:20210622114126j:image

ガスで使うとこんな感じ。ガスはやっぱり重いけど安定するかな。

スタッキングを考えるとアルコールストーブの方がまとまりごよいのかな。(自分の場合です)

f:id:hikelifemylife:20210622114324j:image

エバニューのアルコールストーブ、ゴトクが入ってます。

軽量・スタッキング万能の『EVERNEW/エバニュー チタンアルコールストーブ』周辺ギアが充実のULバーナー! - HIKE LIFE MYLYFE

内側の円はワッパ。

f:id:hikelifemylife:20210622114410j:image

アルミだけだと飲み物を飲むのが少しだけ寂しいので。


 

ヒルビリーポット350の内側にすっぽり。

2021.9.15追記

山のうつわを使用したスタッキングの記事を更新しました↓

ヒルビリーポットのスタッキングのとどめ『VIVAHDE 山のうつわ』シンデレラフィットなんてものじゃない! - HIKE LIFE MYLYFE

f:id:hikelifemylife:20210915030922j:image

 

熱伝導

アルミだからめちゃくちゃ良い。

エバニューのアルコールストーブは火力が強く550でも外側まで炎がくる。ヒルビリーポットの

外側に取り付けるバンド(ヒルビリーバンド)を取り付けても熱くて持てない。笑

上のスタッキング画像にある黒いシリコンがセリアで買った鍋つかみ。これでバンド部を持つと何とか熱くなくて持てます。

エバニューのアルコールストーブが軽くて良いんだけど、高火力なのが大変、、

トランギアのアルコールストーブの火力くらいが良さげ。


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トランギア シングルバーナー アルコールバーナー TR-B25 trangia
価格:2750円(税込、送料別) (2021/6/22時点)


 

ちなみにアルコールストーブでの使用

f:id:hikelifemylife:20210622115731j:image

ちょっと傾いています。笑

傾いているのは風防なんだけど、全体が傾いているように見える。

風防


 

自分が持っている風防は上手くスタッキングができないから、円状にしまうことができる風防がいいと思う。


 

こーゆーのがいい。2021.9.14追記 ミュニークの紹介記事です↓

軽量でスタッキング力抜群の円形風防『MUNIEQ/ミュニーク X-mesh stove』アルコールストーブに最適なサイズ! - HIKE LIFE MYLYFE

 

サイズ感

UL的なら350のみ。

ワンパク食いしん坊なら350と550の両方持ち。

ちなみに米を炊いて、お湯を作ろうと自分はワンパクにやったりしました。

f:id:hikelifemylife:20210622120301j:image

米を炊きつつ、上ではレトルトカレーをあっためる。

ちなみにこの時の炊飯はアルミポットを使用。

カレーメシとコーヒーだけなら350だけで十分。セブンのおでんを温めるなら550が欲しい。

流水麺は550でほぐして、そばチョコを本来の使い方にしました。↓

夏のキャンプ飯に超時短!『火を使わないCAMPご飯』をオシャレに作る - HIKE LIFE MYLYFE

どんな食を求めるか、ですかね。カッコ良く言うと。笑